太陽光発電の未来を考える

エコロジー
太陽光発電のメリット
太陽光発電の凄いところ
太陽光に発電によるあれこれ
太陽光の疑問
太陽光発電を使用してみて
 

 

今ナゼ、太陽光発電なのか


でも、どうして今、太陽光発電なのでしょうか?どのような特徴があるのでしょうか?
地球温暖化防止会議で、日本は2010年までに二酸化炭素の6パーセント消減(1990年比)を目指しています。しかし日本では、産業、民生、運輸・・・各分野のエネルギー消費量が年々増え続けています。そこで今、消費エネルギー消減、つまり省エネと共に、エネルギー資源そのものの根本的な見直しが瀬間されています。そこで注目されているのが、太陽光発電です。太陽光発電の場合、地球温暖化の要因の一つである、二酸化炭素の排出が、発電時でゼロ。まさに理想的なクリーンエネルギーです。二酸化炭素は、石油などの化学年少消費によって排出されます。例えば、日本では、1998年度の総合エネルギー系統によると、石油が52.4パーセントを占めています。石炭が16.4パーセント、天然ガスが12.3パーセント、原始力は13.7パーセントです。さらに水力・地熱は4.1パーセントです。
日本のこのような化学燃料依存の現状は、二酸化炭素などの環境問題だけが問題ではありません。石油をはじめとする天然資源は、近い将来枯渇することを危惧されてもいます。石油は43年、天然ガス62年、ウランは64年、もっともエネルギー資源可採年数が長いと予測されている石炭でさえ、212年と言われているのです。その点、太陽光発電のエネルギー源である「太陽光」は無限です。導入時の費用と言う課題はまだ残っていますが、かけがえのない地球を後世へ残していくためにも環境に優しく、地下資源に頼らず、自然の恵みから生み出される太陽光エネルギーへの移行が迫られているのです。
                     

 

Favorite

医学部予備校 東京

VISSLAの通販

Last update:2017/9/12

Copyright (c) 2008.太陽光発電の力. All right reserved.